2014年05月20日

東海道のかきつばたと言えば

知立市の花は「かきつばた」だそうな

14052001_かきつばた
14052001_かきつばた posted by (C)アモイ

先週に引き続き愛知に来ているので、
今日は、東海道39番目の宿場町池鯉鮒(ちりふ)宿から
東方にある無量寿寺の八橋かきつばた園まで行ってみました



より大きな地図で 2014/05/20 池鯉鮒宿〜無量寿寺 を表示


出発地は、池鯉鮒宿の問屋場跡

14052002_池鯉鮒宿
14052002_池鯉鮒宿 posted by (C)アモイ

旧東海道は、道を間違えそうな交差点がたくさんあるのですが、ここもややこしい

14052003_池鯉鮒宿
14052003_池鯉鮒宿 posted by (C)アモイ

車が行く大きな道ではなく、右奥にある細い道が旧街道です
逆側からこちらを見ると

14052004_池鯉鮒宿
14052004_池鯉鮒宿 posted by (C)アモイ

正面に見える細い方の道が旧街道です

旧街道の方を歩いているとこういう案内が所々にあります
それを目安にしましょう

14052005_池鯉鮒宿
14052005_池鯉鮒宿 posted by (C)アモイ14052006_池鯉鮒宿
14052006_池鯉鮒宿 posted by (C)アモイ


しばらく行くと、知立松並木があります
唯一旧街道っぽい箇所

14052007_知立松並木
14052007_知立松並木 posted by (C)アモイ

側道があるのが特徴
この地で馬市が行われていたので、その馬をつなぐためと推定されているらしいです
ここの西側の地名が”引馬野”というくらいですから

14052008_知立松並木
14052008_知立松並木 posted by (C)アモイ

松並木が終わっても道なりに直進すれば旧東海道なのですが
誤って整備された遊歩道の方を進んでしまいました

14052009_明治用水遊歩道
14052009_明治用水遊歩道 posted by (C)アモイ

この道は明治用水という用水路跡を整備した道で東海道ではありません
ややこしい

14052010_八橋かきつばた園
14052010_八橋かきつばた園 posted by (C)アモイ

そして、かきつばた園到着!!
無量寿寺の中にあり、境内には芭蕉の句碑などの史跡があります

それよりもかきつばた
満開でとにかく多い、約3万本植えられているらしい

14052011_八橋かきつばた園
14052011_八橋かきつばた園 posted by (C)アモイ

それと在原業平

14052012_在原業平
14052012_在原業平 posted by (C)アモイ

からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもふ

と、この歌をこの地で詠んだらしい
都に残した妻を思う歌ということでうが
句の頭をつげれば、”かきつばた”


無量寿寺は、東海道から離れたところにあるので
帰りはちゃんと東海道へ戻り、再び池鯉鮒(知立)へ

途中一里塚がありました、来迎寺一里塚

14052013_来迎寺一里塚
14052013_来迎寺一里塚 posted by (C)アモイ

両側の一里塚が共に残されていると案内に書かれています
え、見あたらないけど片側はどこにあるの?

と思ったら建物の裏にあるじゃないですか

14052014_来迎寺一里塚
14052014_来迎寺一里塚 posted by (C)アモイ

一里塚の前に建物を建てる?
しかも町会館



さて、今日は久しぶりの東海道歩きでした
たくさんのかきつばたも見れて目の保養になったし
明日からの仕事を頑張ろう



にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


旅行・観光 ブログランキングへ




posted by アモイ at 21:56| Comment(0) | 探索 東海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。